Pixelstick用データについて


Pixelstick用のデータについて下記に詳しい情報を掲載いたします。

pixelstickで表示したいデータがある場合は、下図の様に横200pxのデータをBMP形式(.bmp)で作成していただきます。

2015_2_24.jpg


これは、このpixelstickの原理が200個のLEDによって画像を映し出しているため、BMP形式で200pxの画像にしなければならないようです。
また、画像の読み込みの関係で実際に表示させたい画像を、データでは90度回転させて作成しなければなりません。
この回転させる方法も単に画像を回転させるだけではエラーになってしまう事が多いため、最初から横200pxの画像データを製作していただいた方がエラーが出ない場合が多いです。

◉このデータを使った例

下記写真はpixelstickを右から左へ持って移動した時の写真です。

カメラ露出データ
 ISO 100
 絞り F9.0
 シャッター速度 6秒 *必ず三脚、ストロボが必要です!
 ストロボ発光 580EXⅡ マニュアル1/2
   *カメラのホットシューに取付発光しました。ストロボに関しては
    その場の雰囲気等に合わせて調整していただければと思います。

pixelstick移動方向
左←←←←←←←←←右

IMG_8299.jpg



ピクセルスティックの使い方動画を公開しています。
よろしければご覧ください。


その他の質問等は下記へいただきたくお願い申し上げます。
お問い合わせ先
 フォトスタジオフィル愛知店メール info_aichi@studiofill.com
 twitter @fill_aichi
 電話 070 5338 6808
スポンサーサイト
プロフィール

スタジオフィル愛知店

Author:スタジオフィル愛知店
スタジオフィル愛知店
http://studiofill.com/aichi/

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR